腸内フローラの完成は離乳期

↓↓↓ シェアをお願いします! ↓↓↓

赤ちゃんは、胎内で無菌状態で育ち、出産で産道を通る時に母親から菌をもらうと言われています。
産道は、腸内と似た細菌環境で、そこを通る赤ちゃんの口から細菌が浸入すると言われています。
その後、母乳や周囲の微生物などの環境によって生後3日程で腸内フローラに善玉菌(ビフィズス菌など)が多くなってくると言われています。
その証拠に、赤ちゃんの便はニオイがなく黄色い、善玉菌優位の腸内環境にあるんですね!
そして、離乳期になると成人型のビフィズス菌と入れ替わり腸内フローラが安定期に入ると言われています。
それから離乳食になり、大人と同じように食事が出来るようになるんですね!
要は、腸内フローラが完成されていないと、食事をしても消化出来ないという訳です。
消化出来ないどころか、「生エビ・刺身・貝・そば」などの特にタンパク質は、消化機能が十分に出来ていないと、そのまま吸収され体内で抗体が出来てしまうと言われています。
それが、アトピー・喘息(ぜんそく)・アレルギーの原因になるようです。