理想の腸内フローラ

↓↓↓ シェアをお願いします! ↓↓↓

善玉菌と悪玉菌の比率は生活や環境によって変化するようです。
例えば、暴飲暴食・栄養バランスの乱れ・睡眠不足・ストレス・老化・病気・病原菌、また抗生物質の服用や防腐剤などが含んだ食品を食べる事で大切な腸内細菌を殺す事になってしまうので結果的に「悪玉菌が優位」になってしまう可能性があるようです。

規則正しい生活で、「善玉菌優位」にする事が大事で、健康維持や病気の改善には必要不可欠と言えます。

毎日摂取する食べ物や飲み物を分解するのは「酵素」(消化酵素・タンパク質分解酵素など)だと考えられていますが、実は「腸内細菌」が酵素を生成し、分解・消化・吸収、そして排泄まで仕事をします。

特に、善玉菌(乳酸菌など)は、栄養素・成分をブドウ糖やアミノ酸など低分子のレベルまで分解する手助けをしていると言われています。

腸内フローラでは、「善玉菌」と「悪玉菌」が、常時勢力を競い合っています。
また「日和見菌」の勢力は一番なんですが、面白い性質をしているんですね!

それは、「善玉菌」が優位になると「日和見菌」は善玉菌の味方をして、善玉菌と共に整腸作用があります。
その反面、「悪玉菌」が優位になると「日和見菌」は悪玉菌の味方をして、悪玉菌と共に身体に悪影響を与えると言われています。

理想の腸内細菌の割合は、善玉菌が30%、悪玉菌が10%、日和見菌が50~60%らしいです。