まとめ

↓↓↓ シェアをお願いします! ↓↓↓

腸内環境を改善しようと考える人は、便秘解消が目的の人が多いようですが、確かに便秘ほど人の体を蝕む(むしばむ)ものはないようです。

腸内環境を改善し良好な腸内環境を維持する事で、便秘はもちろん難病とされている様々な病気まで治せる事がわかりました。

ただ、人は病や怪我の治療に対して、即効性や特効薬を求めてしまいますが、どんな病も瞬時に治してしまうような治療法は存在しません。
しかしながら、東洋医学・西洋医学それぞれの特長を生かす事で、どんな病でも治療する事が出来ます。

西洋医学は、冷えに該当する病名がなく、診断・検査法・治療法が存在しません。
東洋医学は、「身体の芯(腸)の冷えは病の根本原因」という考えがあります。

腸のスペシャリストから学び、病の予防・病の治療・健康体の維持をしたいと考えます。

水分・栄養を吸収する場所

植物=根
人間=腸

根が健康でなければ、葉・花・実も病気になりやすい。
腸が健康でなければ、人もあちこちと病気になりやすい。

良い発酵が健康の元

漬物=ぬか床の乳酸菌
人間=腸内フローラの乳酸菌(善玉菌)

ぬか床が良い状態で発酵していれば、漬物が美味い。ぬか床は腐らない。
腸内が良い状態で発酵していれば、人間は健康。腸内フローラを善玉菌優位にするのが、健康維持の鍵。

食事

  • 腸を冷やさない飲食を心がける。
  • 腸内の善玉菌が好物な発酵食品を積極的に摂る。
  • ただ、発酵食品にも良し悪しがある。

  • 食物繊維を積極的に摂る。
  • ただ、食物繊維の過剰摂取は、逆に便秘を悪化させるので注意。

  • 大豆発酵熟成エキスなど最も発酵が進んだ醍醐と言われるサプリを利用する。
  • 暴飲暴食は避け、腹八分目でやめておく。
  • 栄養バランスが取れた食事を心がける。
  • よく噛む。
  • 塩分をほどよく摂る。
  • 入浴

    入浴は、足を温め(足踏み)、腸を温め(下半身浴)、それから全身を温めるという順序がいいと田中先生は推奨しています。

    睡眠

    就寝する時は、パジャマの上から腹巻をする。これが腹を冷やさないので、田中先生は推奨しています。

    とにかく、腹(特に小腸)を冷やさないことが重要で、腸内の善玉菌が元気で悪玉菌より優位な状態を維持できるようにする事が大事です。

    腸内の善玉菌に最良・最強のエサ(栄養)「醍醐」を与え、あなたの腸内フローラも「醍醐」状態にしてみてはいかがでしょうか!?


    天然美通